新着記事

突然死の確率を上げる「高血圧」

突然死の確率を上げる「高血圧」

高血圧とは、その名の通り血圧が上昇することを言います。高血圧は、現代病である生活位習慣病の起因となりえます。脳梗塞や心筋梗塞、脳出血や心不全、これらの突然死にも深く関わってくるのです。

Pocket

目覚め後の数時間は要注意

血圧は、朝方からお昼頃にかけて上昇します。なぜなら血管が詰まってしまう要因が重なる時間帯でもあるからです。血圧は目が覚めると上昇していきます。そして、体内の水分は就寝中に蒸発します。高血圧や動脈硬化が進行している人は降圧剤の効き目が弱まってくる時間帯でもあるため、起床後3~4時間の間に発作が起きやすいと言われています。

水が大事

実は、高血圧と水には大きな関係があります。体内の水分が就寝中に蒸発してしまうのを防ぐには、目が覚めたらまず水分を補給する事です。補給する事によって血液がさらさらになり、リスクを減らすことができます。
また、寝る前に飲む水も非常に大切です。昔の人は、寝る前に飲む水のことを宝水と呼んでいました。就寝中に蒸発して不足する水分を補い、朝方の発作を軽減させるために飲んでいたと思われます。あくまでも水が大事であり、決して寝る前に甘いジュースなどは飲まない事です。甘いジュースは血糖値を上げ血液の粘性を高めるリスクがあります。高血圧の方は就寝前・起床時に水を飲むように心がけましょう。

水道水は注意!!

水と言っても水道水には注意が必要です。私たちが日々生活の中で使用している水道水には、塩素が使われています。高血圧の方は塩分を控えた食事をすすめられているかと思います。それは食塩の中の塩素が血圧を上げてしまうからです。その為、味噌汁や醤油なども減塩タイプの物を使用し、薄味にする必要があります。しかし、いくら食事で減塩を心がけても、水道水を常に飲んでいると血圧が下がらない事があると指摘されています。それは水道水には塩素が多く含まれているからなのです。水道水の塩素は一度沸騰させると除去されて血圧には影響を与えません。

高血圧はなぜ怖い?

高血圧患者は年齢が進むにつれ増えています。高血圧は年をとれば誰でもかかると病気と思われがちで危機感がないのが一般的のようです。しかし、その危機感のなさが実は大変怖いことなのです。日本人の死亡原因の上位にくる心臓病、脳血管疾患は高血圧が大きく関係し動脈硬化が原因ではないかとも言われています。異常を察知したら放っておかずに必ず専門医の受診を受けましょう。

身近に潜む病気を知ろう