新着記事

若者に増える「薄毛」

若者に増える「薄毛」

生活環境の変化に女性は敏感になりやすくストレスに陥りやすい身体です。髪の毛を作る幹細胞やコラーゲンを促進するという大切な働きを女性ホルモンは持っています。ストレスにより女性ホルモンが低下すると、頭皮が固くなり栄養が行き届かないため抜け毛が増え薄毛の原因になるのです。また栄養が行き届かないことにより、髪の毛が乾燥し細い髪の毛になってしまいます。

Pocket

ストレスの原因は様々

一つ目はデスクワークです。今は女性も男性と同じ環境でデスクワークをしています。事務作業など長い時間座って仕事する人や、接客業など立って仕事をする人は、肩こりや首こりの影響で血行が悪くなります。もちろん頭皮への血液循環もわるくなり、栄養が行き届かなくなるのです。また夜遅くまで仕事をしていると、髪の毛が成長する時間帯に休めてないことになり、髪の毛へのストレスになります。
二つ目は主婦業です。家事育児に追われている主婦は寝不足になりやすく、ストレスを感じホルモンバランスが崩れ薄毛の原因になります。また出産後もホルモンバランスの変化により薄毛の原因になりやすいです。外部の人と繋がりがないと相談もできず、一人で全てをこなしていると、悩みや不安を溜め込んでストレスを溜めやすくなります。
三つ目は月経前症候群(PMS)です。生理前は女性にとってつらい時期です。気分が落ち込んだり心に余裕がなくなります。この症状が出る人は自律神経が弱い人に多いようです。ストレスをとても敏感に感じやすい人なのかもしれません。

女性が薄毛の原因として実感やすいのは加齢とホルモンバランスの変化が原因になっている場合が多くあります。

@東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニックのサイトでは女性特有の薄毛の原因を詳しく解説していますので参考にしてください。

ストレスによる薄毛を予防するには

薄毛を予防するには様々な方法があります。適度に運動することにより、ストレスから強くなり、血行促進で肩こりが解消され、髪の毛に栄養が行き届きやすくなります。次に食生活です。偏った食生活はストレスの原因です。髪の毛の栄養は食べたものから作られます。髪の毛の成分になるタンパク質や、成長を促す亜鉛をバランス良くとることで、強く抜けづらい髪の毛を作ります。また家族などとお話しをするのもいいでしょう。会話をすることで、ストレスを溜め込まず悩みや不安から解消されます。忙しくてもコミュニケーションをとるとよいでしょう。

身近に潜む病気を知ろう